治療後の写真 歯を抜かない治療




移植

保存不可能なほど大きな虫歯になった歯や、歯根が破折してどうしても抜かざるを得なくなった歯の場所に、ご自分の親知らずを移植しました
尚、当院は、かなり大きなむし歯でも、抜歯することなく出来るだけ治療を行うようにしております。※この症例は現在治療中です。治療終了後、画像を追加いたします。

ファイバーポスト

他の医院で入れた金属の土台

当院で入れた
ファイバーポスト
虫歯が大きくて、土台を建てなくてはならないケースです。
金属の土台を入れる治療が一般的ですが、金属は歯より約4〜5倍硬いため、歯に強い力が加わった場合に、歯根破折といって根が割れてしまう場合があります。

根が割れた場合には、基本的には抜歯となってしまいます。

そのような危険を防ぐため、当院ではグラスファイバー製の土台(ファイバーポスト)を建てております。
ファイバーポストは、歯と同程度の硬さであり、弾力もあるため、歯に力が加わっても歯根破折が起こりにくい材料です。


当院では、歯を喪失するリスクのある金属による土台は、一切使用しておりません。


歯を抜かない治療

虫歯がひどくなり、歯茎の下まで虫歯で根っこしか残っていません。 しかも、根の先には大きな病巣も出来ておりました。
歯を残すのは困難かと思われましたが、根の治療をして、歯を引っ張り上げ(エクストルージョン)、白い歯が入りました。
※これらの画像は、全て当医院の患者さんの症例画像です。
患者さんのご協力・ご理解のおかげで、掲載させていただきました。
本当にありがとうございました。
当院の治療後の写真 歯を削らない治療
当院の治療後の写真 神経を取らない治療
当院の治療後の写真 審美的修復



copyright (c) 2007コイデ歯科, All Rights Reserved.